Accelerate

僕の想いは 加速していく
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
ARCHIVES
OTHERS
SPONSORED LINKS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク
ありがとう

遂に、この日がやってきました。
シンボリルドルフ、享年30歳。人間で考えると100歳近く。大往生です。
最後は眠るように逝ったんだとか…。
亡くなったと聞いた時、あまりのショックに言葉も出ませんでしたが、『眠るようでした』と聞いて初めて涙が出ました。
たかが馬、されど馬。熱くなって語る時に理解出来ない人には引かれるけど、ルドルフの事に関しては絶対に馬鹿にされたくない。
私にとってルドルフとは、競馬の事、馬の事、色んな事を教えてくれた存在だったから。
ルドルフの事を知って確実に、私の世界は拡がりました。

私とルドルフ、どちらかが生きている内に一度でも会いたいと思っていましたが、叶わぬ夢に終わりました。でも、決して忘れない。
これから先どんなに強い競走馬が現れても、私にとってはルドルフが一番。
無敗でクラシック三冠を制す馬が現れても、ルドルフが初代。
ルドルフの記録を破る馬が現れても、ルドルフこそ最強。ルドルフこそ、我が『皇帝』。

お疲れ様、ゆっくり休んで。ありがとう。だいすきです。
誉れ高き皇帝、シンボリルドルフ号。無敗の三冠馬、G 7勝馬。

Hobby | 10:10 | comments(0) | - | furuno
スポンサーサイト
- | 10:10 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
POST A COMMENT









<< お宅のお嬢さんでしょ。 | TOP | お疲れ様 >>